2017年10月04日

2017 お月見

今日は中秋の名月。
ちょっと雲は多いけど、綺麗な満月が顔をだしてくれました。
Otsukimi2017_1.jpg
今年もお団子、ススキを用意して お月見です。
Otsukimi2017_2.jpg
我が家のれん君の横顔はまんまるです。Otsukimi2017_3.jpg
posted by ラビダンス at 22:18| Comment(0) | お月見 | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

ふたねこ

カフェ ベローチェで「ふちねこ」ではなく「ふたねこ」のキャンペーンが始まっています。
futaneko2017.jpg
前回まではかわいいフィギュアだったのが、今回はペットボトルの蓋。
クオリティも低くちょっとがっかり。
でもペットとのコラボ写真で投稿すると、30名にそのペットをモデルにした特注のふたを作ってくれる。
ネコ以外でもいいみたいなので、さっそくトライしてみる。
futanekoren.jpg
posted by ラビダンス at 21:00| Comment(0) | コスプレ | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

五色沼湖沼群

今日は会社の社員旅行で福島県の裏磐梯にきています。
裏磐梯といえばここ五色沼湖沼群の散策。
初日はガイドさんといっしょに木漏れ日を感じる柳沼から弁天沼までをめぐるハーフコースに参加。
ホテルで簡単なブリーフィングを行い、まずは柳沼からスタート。
yanaginuma.jpg
無色透明の水面ですが、その名の通りシロヤナギの木があります。
ガイドさんは沼の解説はもちろんですが、周りの草木の説明を織り交ぜて自然の中の道をあるいて回ります。
五色沼は色が五色あるわけでなく、また五つの沼で構成されているわけではありません。
現に五色沼湖沼群は8つに沼と弥六沼を加えた9つの沼で構成されています。
つぎに現れた青沼。
aonuma2.jpg
その名の通り、この五色沼湖沼群の中で一番青い沼。これはアロフェンと呼ばれる鉱物質(アルミニウムの含水ケイ酸塩)の微粒子が大量に含まれており、これらが水中に入った太陽光を反射することでこの美しいターコイズブルーが見られます。幻想的な光景に思わず時を忘れてしまう。
青沼を左手にみて少し歩くと右側にそれる脇道があります。横を流れる小川の上流に向かって上ると展望ポイントがあり、そこからみられるのが瑠璃沼。
rurinuma.jpg
沼の向こうに爆裂火口が荒々しい磐梯山。この水面は鏡のように条件によっては逆さ磐梯山が見られるそうです。
反対方向を向くと先ほど見た青沼の一部がみられます。この場所はこの五色沼湖沼群で唯一、2つの沼が見られるポイント。沼の色の違いに驚かされます。
その脇道を戻り、自然探勝路を歩いていると所々に大きな岩が、顔をだしています。
iwanadare.jpg
磐梯山の水蒸気爆発で山体崩壊による岩なだれの跡です。
その先に次の沼が、五色沼湖沼群で2番目に大きい弁天沼。
bentennuma.jpg
沼の周りがヨシに覆われ道からはよく見えないのですが、少し高い位置に設置された展望台に上ると視界が開けます。ここからは遠くに吾妻山が見られます。
ハーフコースはここで終了。もと来た道を戻ります。
五色沼湖沼群は約4kmの道のり、約1時間ちょっとの散策コース。
五色沼の水の色は、美しい青色を基調としてさらにいくつかの色は混ざり合い、それぞれ異なった微妙な色合いをみせてくれる神秘の湖沼群。とても気持ちのよい体験でした。
posted by ラビダンス at 15:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする